<< ぶどう ピオーネを収穫した! 1粒での収穫か、1房での収穫が良いのか? | main | ゆいゆいさん、「レモンぶらぶら」どうですか? 熊蜂の巣の被害はあったのか? >>
2019.09.07 Saturday

カラタチの生命力。 挿し木のその後と、台木の成長。

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    カラタチの生命力。

     

    挿し木のその後と、台木の成長。

     


     

     

     

    カラタチの苗木を頂きました。

     

    将来の台木として育てております。

     

     

     

    2019年3月23日。

     

    カラタチの挿し木を試みてみました。

     

    実に、2回目の挑戦です。 

     

    その時の記事が「こちら」です。

     

     

     

    カラタチは、本来、種から育てるのが主流の様で、挿し木は難しいようです。1年がかりの作業となるとの事でした。 又、「台木などの使用目的に、それらを増やす場合は “取り木” が手っ取り早いと思います。」とのコメントも頂き、別途「取り木」も試みております。(今の所、私のやり方がまずい様で、上手くいっておりませんが) 半ば諦めの境地で見守っておりました。

     

     

    挿し木は、小さな鉢に挿したものと、プランターに挿したもの。

     

    小さな鉢に挿したものは・・・

     

     

     

    5月1日は、未だこんな感じでしたが、

     

     

     

     

    8月11日には、すっかり枯れておりました。

     

     

     

    愛情が薄かったのでしょうか?

     

    もっと豆に水やりとかをした方が良かったのだと思います。

     

     

     

    プランターで育てていた方も、愛情が薄かったと思います。

     

    初めてレモンの挿し木をした時など、日陰で育て、日々水やりも欠かしませんでした。

     

    「絶対に発根させる!」という強い意志があったと思います。

     

    カラタチの挿し木の時は、「きっと難しいのだろうな。」という気持ちが先行。

     

    半ばほったらかしだったような・・・ ^^;

     

     

     

     

     

     

    この写真は、8月11日の写真ですが、だいぶ枯れてきました。

     

    この左側の挿し木は、未だ青々しているのですが、

     

    「きっと、順番に枯れていくのだろう。」

     

    そんな感じに見えていました。

     

     

     

    そんな、半ば諦めモードでいました所・・・

     

    8月25日に、異変に気付きました。

     

     

     

     

     

     

    なんという事でしょう。

     

    1本の挿し穂から芽が出ているではありませんか!

     

    自分の目を疑った程の驚きでした。

     

    一時などは、ほとんど水やりもしていなかった程・・・

     

     

     

    挿し木をしてから、約5ヵ月後に芽が出た事になります。

     

    この記事の3枚目の写真の左側の挿し穂です。

     

    つまり、8月11日には全く発芽していなかったという事です。

     

     

     

    余程この挿し穂を抜いて、その発根の状態を確認したかったのですが、

     

    さすがに、今のタイミングではまずいと思い見送っております。

     

     

     

    そして、この挿し穂の今日現在の様子がこちらです。

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しづつではありますが、

     

    でも、間違いなく成長してくれています。

     

    「カラタチは、挿し木でも増やせんるんだ!」

     

    そう確信させてくれました。 ^^

     

     

     

    そして、さらにその左側の挿し穂の様子は、

     

     

     

     

     

    全く発芽してはいないものの、3本は未だ青々しています。

     

    このまま枯れるかもしれませんし、

     

    又々、新たな新芽を見せてくれるかもしれません。

     

     

    このプランターには、8本の挿し穂を挿しました。

     

    最後は、何本の挿し穂が成長してくれるのでしょうか?

     

    少し、期待が持てる様になってきております!

     

     

     

     

    そして、もう1つ、カラタチの力強さを見せてくれたもの。

     

    タロッコの穂木を接ぎ木した苗を頂きました。

     

    新芽は出てきませんでしたが、枯れもしません。

     

    もう一か八かの心境で、この苗を路地植えにしました。

     

     

     

    ずっと様子を見守ってきましたが、

     

    やはり、枯れもしないし、新芽も出ません。

     

     

     

    すると、8月4日の出来事です。

     

     

     

     

     

     

    タロッコの接ぎ穂からは何の動きも見られませんが、

     

    その根本から、新たな新芽が出来てきているのを発見。

     

     

     

    余程、「この新芽を切除したら、タロッコの穂木から新芽が出て来るかもしれない。」と思ったのですが、これだけ待って何の動きも無かった苗木から出てきた新芽なので、チョン切る勇気が持てませんでした。そのままの状態で育てて見る事にしました。

     

    そして、今の状態が・・・

     

     

     

     

     

    もともとの穂木の3倍にはなろうかという程の成長を見せてくれています。

     

    そう、これは台木側から出た芽であり、カラタチです。

     

    こうなると、カラタチが成長して、

     

    穂木であるタロッコが枯れてくるのではないでしょうか?

     

     

     

    今の所、様子見ですが、タロッコが未だ枯れていない様子なので、

     

    この辺で、カラタチの枝をチョン切ってみる方が良いかもしれません。

     

     

     

    8月に見せてくれた、このカラタチのサプライズ。

     

    カラタチの生命力、その力強さを感じました。

     

    挿し穂がどんどん枯れていった時には「弱い」イメージでしたが、

     

    案外、雑草の様な力強さを持っているのかもしれません。 ^^

     

     

     

    今後も、その様子を見守っていきたいと思います。

     

     

     

     

     

     

    〜 ひとりごと 〜

     

     

    今日は、妻がおりません。 一泊二日の社内旅行です。

     

    久しぶりに、フルートの音のない、静かな夜を過ごしております。

     

    「たまには、こういう日も良いのかな?」と不覚にも思ってしまいました。^^;

     

     

     

    来月には、友達とドイツ旅行に行くそうです。

     

    「行ってもいいかなぁ?」と訊いてくるので、

     

    「友達となら、旅費は1人分で済むから、その方がいいんじゃない?」

     

    というと納得しておりました。 ^^

     

     

     

    妻が「家に居ない事」はめったになかったので、少し不思議な感覚です。

     

     

     

     

    「家に居ない事」

     

    長男坊が別居する事になりました。

     

    彼女さんの就職先が決まったからです。

     

    長男坊との将来を考え、長男坊の勤務地である京都中心に就活。

     

    見事、直ぐそば(普通電車で3駅)で決まりました。

     

     

     

    兵庫県の娘なので、自宅からは通えません。

     

    年内目途に、アパートを探す事に・・・・

     

    1人ではなく、2人で住めるアパートという事になりました。

     

    住む場所等が決まり、落ち着いたら、籍を入れる日を決める様です。

     

     

     

    当家から、初めて・・・

     

    今迄普通に家に居た人が居なくなります。

     

    想像しただけでも・・・なのですが、

     

    実際に居なくなるとどういう感じになるのでしょうか?

     

     

     

    妻などは、「大丈夫、毎日京都に行くから!」と言っております。

     

    新婚旅行も3人で行くそうです。 ^^;

     

     

    最も、京都であって、東京ではないので・・・

     

    距離的には「いつでも行ける距離」であり、

     

    それだけでも満足しなければならない事なのでしょうが・・・ ^^;

     

     

     

    今迄もたまには言っていたのですが、

     

    これからは、しょっちゅう次男坊に言う様にしましょう。

     

     

    「お父さんはな、どんな娘でもいい。髪の色が真っ赤で、鼻にピアスしていて、初対面の時におっさん呼ばわりされてもいい。ただな、同居OKの娘さんを見つけてきてな!」

     

     

     

    すいませんでした。

     

    ただの、「ひとりごと」でした・・・ ^^;

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    小さな挿し穂が根付いて葉っぱも出してくれると、かわいさもひとしおでしょう。
    タロッコのほうはさらに力強い感じで、将来が楽しみです。
    奥様はフルートの練習をがんばっておられるのですね。
    友人がジャズフルートをやっていて、半畳ほどの練習室を自室に設置、汗だくで練習しています。
    ドイツ旅行もお留守番のみなさんがしっかりしているから安心ですね。
    勤務地の話、私もトッコと結婚するつもりで兵庫県で就職しました。
    今にして思えば、トッコはあきらめて鹿児島で就活したほうが、親は安心だったろうな^^;
    • 海月
    • 2019.09.08 Sunday 13:33
    本当に驚きました。「これはダメだ」と思っていたからです。
    ダメだと諦めて、水やりもかなりすっとばしたぐらいです。まさかまさかの発芽でした。
    タロッコの方は、本日かなりカラタチを短く切ってしまいました。路地植えのカラタチはこれ以上不要だという事と、タロッコの穂木に栄養を回す為です。タロッコの接ぎ穂から発芽したら、もう1つビックリするのですが・・・ ^^;

    フルート、ほぼ毎日です。今は、発表会が終わった所で次の曲が決まっていないので練習していませんが、決まればまた・・・ 「半畳ほどの練習室」良いですね。当家にはないので、おもいっきり皆のいるリビングでクーラーかけて、シャッター閉めて(音がうるさい)やっています。伴奏を長男坊がピアノでしますので、本当にうるさく落ち着かないのです。。。 TVも見れませんし。 慣れてきましたが・・・ ^^;

    就職地の話し、海月さんも良く似たパターンでしたか。私の場合、妻は私の勤務地であった香川県で就職せず、高槻市で就職しました。遠距離恋愛期間が長かったのです。なんなら結婚もどうなっても良かったと感じていたかも? ^^; あの時辞めずに高槻市で働き続けて、今も正職員でいてくれたら、もっともっと経済的に楽だったのに・・・ 人生先が読めませんね。
    私は、母親を香川県に連れて帰る為に、当初香川県で就職しました。香川県で生まれ育った訳ではないのです。妻も大学卒業後2年目には香川県に来てくれました。その後、私の両親は亡くなり、今度は妻の父親が余命6か月の宣告を。妻のおかぁさんと同居する為に転職してまで大阪に戻ってきました。私も妻も自分から親の事を思い決めてきた事ではないのですが、節目節目に色々な事が起こり、お互いの親と同居せざるをえない人生を送ってきました。だから特に「一緒に住んで欲しい」と感じるのかもしれません。同居当初は色々な喧嘩がありますが、長期的に見れば、経済的に見れば、決して悪いものではないと思うのですが・・・ ^^; 今は特に、同居OKの娘さん、少ないですものね。当社の若い女の子に冗談半分訊いてみても、「むーーーりーーーーっ!」と言います。^^;
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM