<< ピオーネの果実を鳥や虫から守る為、台所の排水用ネットで覆ってみた! | main | カラタチの生命力。 挿し木のその後と、台木の成長。 >>
2019.09.01 Sunday

ぶどう ピオーネを収穫した! 1粒での収穫か、1房での収穫が良いのか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


     

    ぶどう ピオーネを収穫した!

     

    1粒での収穫か、

     

    1房での収穫が良いのか?

     


     

     

     

    さて、いよいよピオーネの収穫適期です。

     

     

     

    成熟期は、果粒軟化後45〜50日頃が目安との事。

     

    「果実が色づいてきた」とか、「糖度の数値」だけで収穫のタイミングを決めるのではなく、実際にその果実を食べてみて、酸の抜け具合等を舌で確認の上、成熟(完熟)のタイミングを決めるのが良い様です。

     

     

    その意味からか、「ピオーネは暖地でも着色し易いぶどうですから早採りに注意です。一粒づつ試し採りしていきましょう。」というコメントを頂きました。そう、この「樹上完熟」のタイミングを見極め、収穫する事を決断するのが難しかったです。なにせ収穫の経験がほとんどないのですから・・・

     

     

    ましてや、1房の粒は、全粒いっせいに色づいてくれません。

    「一房の中で、色づきがバラバラで房ごとの収穫ではなくひと粒ずつ収穫してます。」というコメントをくれた方もいらっしゃいます。「ひと粒ずつの収穫、なるほどなぁ。」と思わされました。そして、なにより難しいのは、全粒完熟を目指し収穫を待っていると、先に黒く色づいていた粒が傷んでくるのです。

     

     

     

     

     

    これは、先週の写真です。

     

    だいぶ色づいてきたかなぁ?と思いましたが、もう1〜2週間待つことにしました。未だ緑色っぽいところも残っているからです。「完熟」とはどういう状態なのかを知る為でもあります。

     

    そして、更に1週間経過した 31日の状態がこちらです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    少し写真が黒っぽくて分かりにくいですが、

     

    現7房の最後の1房・・・

     

    果実袋で覆っていた果房の袋をのけてみますと・・・

     

     

     

     

     

    こちらの果房は、全滅でした。

     

    昨年までを思い出した程です。

     

     

    「小果梗とのつけ根部分まで果皮が色づいたら収穫。果梗がしなびるまでは樹上に実らせておける。」と言いますので、本来なら全粒完熟するまで樹上で置いておけるのでしょうが、晩腐病でしょうか? 実がしわしわになったり、この雨続きが原因だったのでしょうか? 裂果で傷んでいきます。灰色かび病の様な症状も見えます。

     

     

    蝶々でしょうか? ネット越に食べているのも発見。

     

     

     

     

    晩腐病は、6〜7月に雨が多いと1次感染が多くなり、成熟期に雨が多いと激発する様です。今年などは先週まで2週間程度雨続きでした。しかも、台風が来るというのでビニールシートを取り外し、その後手抜きをし、再度ビニールシートを付けませんでした。一部、雨に濡れっぱなしの2週間だったと思います。

     

     

    来年、この晩腐病対策はきっちりと行いたいと思いました。

    その為にも、ビニールシートに替わる波板屋根の設置を今冬行いましょう。

    防除が困難な病気の1つの様ですが、やはり、雨対策は必要だと思わされました。

     

     ー稷佞出そろった頃に一度防除。

    ◆’澑の時期には2週に1度は防除。

     収穫時期には特に注意。

     

    忘れない様に、記録しておきたいと思います。

     

    もっとも、基本的には無農薬栽培であるはずなのですが・・・

     

     

     

    収穫前の2週間、上記の様な色々な事で悩みました。

     

    結果、今年行ったこと・・・

     

    1粒づつの試し採りではなく・・・

     

    ええぃ、もう収穫しちゃえーーーーっ!! でした。

     

     

     

     

     

     

    一番早くから色づき始めた房です。

     

    ネットをとる時に、4つ程粒が落ちました。

     

    落ちなかった粒でも、状態が少し悪くなっているものもありました。

     

     

    裂果も、晩腐病も発生しないとするのであれば、

     

    これぐらいまでは樹上で置いておきたいと思いました。

     

    かなり黒っぽいと呼べる程の紫色です。

     

     

     

     

    もう1つの、良い感じに育っていた果房と共に・・・

     

    やはり、この2週間でかなりの粒が傷みましたが、それでも、全般的に程よく色づきました。

     

     

     

     

     

     

     

    次の写真が、昨年収穫したデラウェアピオーネです。

     

     

     

     

     

    2房、収穫しました。

     

    早くから色づいてきた果房と、

     

    良い感じで育っていたもう1房。

     

     

    早くから色づいた果房を去年の果房と同じお皿に乗せてみました。その大きさの違いがはっきり分かります。味も昨年同様、ピオーネでした。(市販されているものと同じぐらいに感じました。もう少し甘くても良い様な・・・)粒の大きさは、大きいもので、1粒10g程度でした。1粒20gとはどれ程大きいのか(難しいのか)思い知らされた様な気持ちです。そう考えると、1房 20〜25粒程度まで摘粒しなければならないのかな?と感じました。

     

     

    もう1房の方は(写真では少し分かりづらいですが)、少し酸味が残っている感じです。もう1週間は樹に置いておいても良かった感じです。一昨年までの様な「熟していない酸味」ではなく、熟して美味しく食べられるのですが、少し酸味が残っているという程度。

     

    どちらも美味しかったです。 ^^

     

     

     

    そして、良い感じに育っていた残る2房の内、1房はお隣さんに「味見」して頂き、もう1房は樹上に残してみました。果実袋で覆った1房は完全アウトになり、小さな果房2房も樹上に。傷んだ粒は取り除き、今からの状態の変化を見ていきたいと思います。

     

     

     

     

     

     

     

    以前言われた一言です。「一房でも出来ればあとは数だけの問題です。まともな一房を目指しましょう。」未だ、様々な課題は残しているとはいえ、「一房でも出来れば」はクリアできたのではないか?と感じております。

     

     

     

    又、今年は主枝を1本だけ伸ばす事にも注力しました。葡萄棚を1周する程に主枝が伸びてくれました。「ぶどうの樹形も理想は魚の骨のように1本芯を通し、あとは小骨。太い枝を何本か配置しますと木も養分の流し方が分からず、負け枝が出来てしまいます。負け枝が出来ると言うことはもともとその枝は不要な枝だったと言うことになりますね。」というポイントについてもクリアできたのではないか?と感じております。

     

     

     

    つまり、最低、今年と同様の状態ぐらいは来年も実現できるのではないか?と感じているという事です。「2×5mのぶどう棚で100房を目指す」というお話しもありますので、来年は貪欲に数も狙っていきたい(3〜40房は)ものです。今年の果房は、5月初旬に既にあった枝に花房が咲き出したものだけでしたので7房しか採れませんでした。(全部の枝を切り落とした為、ほとんど枝がありませんでした。)しかしながら、来年は1周する程の主枝があります。

     

     

     

    あと3房の成長を見守りながら、来年に向けて、今の樹・主枝の登熟に注力していきます。「ぶどうは収穫時期になりますと翌年の準備が始まります。枝が登熟して来ます。今年の晩秋には翌年の結果が既に出ています。晩秋まで葉をしっかり残すことが重要ですね。」と頂いたコメントを胸に、晩秋まで枝葉を残し、その後、剪定を試みてみましょう。

     

     

     

    又、お礼肥の施肥を、9月中旬〜10月上旬までに実施する予定にしています。

    着果の負担が減ってくると、再度、副梢が成長し始めるそうです。この副梢を放っておくと、貯蔵養分を浪費し、翌年の貯蔵養分の蓄積が不十分になり、根の成長等に影響があるそうです。定期的に摘心や切除を行い、今ある葉を維持するよう気を付けていきます。

     

     

     

    と、長々書いてきましたが・・・

     

    来年は、もっと良い感じで・・・

     

    1粒ではなく、スーパーで販売されている様な、

     

    完熟した1房のピオーネを収穫すべく頑張りたいと思います。 ^^

     

     

     

     

     

     

    テッポウムシに枝を全部やられて再スタートの年でしたが、

     

    何とか今年も・・・・

     

     

     

     

     

    ピオーネ採ったどーーっ!!

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    ピオーネの収穫、おめでとうございます。
    色々試行錯誤したり、決断をして、実施した貴女の行動力も大したものです。
    最も私がリスペクトしたのは、台所のごみネットに目をつけ、
    活用したことです。
    来年は絶対私もかつようさせてもらいます。

    私のピオーネの全滅は、どうも菜園近くで飼っていたハクビシンが、
    逃げてしまい未だに見つからないとの話を聞きました。
    考えてみれば、犯人をとりとしたのは、鳥は羽が異物に当たると、
    怖がって逃げると聞いていたのと、矛盾しますね。

    何はともあれ、ビオーねの収穫を、お祝い申し上げます。
    yukikami27さんへ

    早速のコメント、ありがとうございます。m(__)m
    人に自慢できる程の物ではないのですが、それでも形・味共に、昨年迄とは比べ物にならい品となったかな?と思っております。
    あと3房、樹に生らせておいています。この3房は検証用と考えています。どこまでの期間は、どんな状態であり続けるのか? 結果、全てダメになっても構わないと思っております。この3房については、1粒1粒状態を見て食べてみるのも良いかもしれません。何せ、ちゃんとした成功事例がないもので、未知の世界です。^^;

    私も、来年はネットと新聞紙の両方を試してみようと思っております。
    そしてその先、もう少し本格的な鳥獣被害に向き合う事になるのでしょうか?
    いろいろとご教授願います。 m(__)m
    この記事を拝見して改めて初心が大事であることを思いました。
    これは基本無くして良い実は出来ません。
    さらに収穫まで辿り着く意欲が無いと良い実は出来ませんね。
    家のぶどうは今年10点くらいです。
    これから収穫を始めますが、先が読めています。
    雨除けしてあっても雨に負けた感じですね。

    腐ってカビるのは一粒の実割れから発症することが多いです。
    面倒でも定期的に中身を確認することでしょうか。

    小粒の20粒より大粒の5粒ですね。
    ぶどうは一粒づつ頂きますので。

    korolemonさんも、これでぶどう栽培家の仲間入りですね。
    おめでとうございます。


    • 日本一の果実
    • 2019.09.02 Monday 07:41
    日本一の果実さんへ

    >korolemonさんも、これでぶどう栽培家の仲間入りですね。
    本当に、そう仰って頂いて良いのでしょうか? ^^
    素直に嬉しく思います。ありがとうございます。
    >収穫まで辿り着く意欲が無いと良い実は出来ませんね。
    ある意味、私などは「収穫」しか考えておりません。^^; 収穫あってなんぼ。
    その「収穫」が今年ならなお良いのですが、何年か先でも構わないと思っているという感じでしょうか。熊蜂の巣の影響がどれ程出て来るのか未だ分からない状況ではありますが、今の所、レモンは40個超収穫出来そうな感じです。これも日本一の果実さんから頂いた沢山のアドバイスのおかげだと思っております。「40個超の収穫」これは私の最終目的到達と言って良い程の結果です。レモンぶらんぶらん達成です。箱買いしていた時も、中身は40個内外でした。それが、今は庭に生っている・・・ なんと言うことでしょう・・・

    何かを掴んだ気になっても、又新しい問題が目の前に出て来るのでしょう。どんどんその難しさを感じていくのかもしれません。今、思う事は、ピオーネの枝をほとんど切り取っても、又復活してくれたという事実があり、「全てを植え替える」事も含み、対処方法は必ずあると思える雰囲気になってきた事。一喜一憂しながら、更なる高みを目指して、大粒の5粒を目指して、一歩一歩歩んでいきたいと思います。
    今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。 m(__)m
    きれいにできているように見えますよ。お隣に進呈もできてよかったですね^^
    屋根もこれからさらにグレードアップしそうですね。
    うちのぶどうは花さえ咲かずでした。
    来年はkorolemonさんを見習ってもう少しちゃんと世話して、1房だけでも収穫してみたいものです^^;
    • 海月
    • 2019.09.04 Wednesday 14:30
    海月さんへ

    綺麗に出来ている様に見えますか? よかったです。
    ただ、少しクレームを付けるとするなら、食べた時、舌に少しザラつきが残るような。妻もおばぁさんも「そんな事ないよ。」と言うのですが、ちょっと気になる部分です。昨日の晩、帰宅後、生っている1粒を食べてみました。今の方が良い感じです。ただ、傷んだ粒が増えてきましたが。熟せば熟す程、傷みやすくなるのでしょう。収穫時期を見極めるのが難しそうです。

    花さえ咲かず・・・ 上手くいかないと、どんな事でも難しく感じるものですよね。ブログにも書きましたが、「一房でも出来ればあとは数だけの問題です。まともな一房を目指しましょう。」とのコメントを頂きました。なので、自分としては納得のいくレベルの1房をなんとか作りたいと思ってきました。「まず1つ」 この気持ちを持ち続けたいと思う今日この頃です。 ^^
    ピオーネの収穫、おめでとうございます(^^)v
    きれいな実!宝石ですね!!
    陽にすかされた実にkorolemonさんの笑顔が見えますよ!
    何事にも真摯に向き合う姿勢が、実を結ぶのですね♪
    私も真面目にならなくては…(汗)

    gerogeroさんへ

    有り難うございます!! ^^
    「宝石」、成程です。家庭菜園者にとっては、「果実」というより「宝石」なのかもしれません。凄く嬉しかったのです。幹以外の枝を全て切り落とした時は、「終わったかもしれない。植え替えたとしたら、また7年ぐらい・・・」等と考えたものです。大事に大事に育てた子供達のよう・・・・

    そう言えば、長男坊が年内に家を出る事になりました。
    彼女さんの就職が決まりました。神戸の娘なのですが、長男坊との結婚も視野に京都で就活。長男坊の勤め先と直ぐそばで就職出来たのですが、神戸からは通えません。1人のアパートという話しではなく、2人で住むアパートを探す事になりました。1年以内に結婚となりそうです。妻が寂しがっています。毎日過ごしてきた家族が1人減るなんて、今は想像も出来ません。^^;
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM