<< レモンは摘蕾摘花はせずに摘果すると思っていましたが、思い切って摘蕾してみた! | main | ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。 >>
2019.05.05 Sunday

レモンと花柚子への接ぎ木後57日経過です。 接ぎ木2度目の経験で成功を勝ち取れるのか?

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    昨年、平成30年2月、接ぎ木に挑戦しました。

     

    人生初めての経験でした。

     

     

    露地植えのレモンと花柚子の樹に接ぎ木。

     

    みかんやレモンの接ぎ穂、計10本を接ぎ木。

     

     

     

    結果は、

     

    レモンの樹に2本のアレンユーレカレモンの穂木がつきました。

     

    花柚子の樹に1本のアレンユーレカレモンの穂木がつきました。

     

    *他の7本の接ぎ穂は失敗に終わりました。

     

     

    成功したのは、アレンユーレカレモンだけでした。

     

    アレンユーレカレモンは強いのかなぁと思った程です。

     

    昨年接ぎ木した時の様子が、「こちら」です。

     

     

     

     

    そして、今年の3月9日、2度目の接ぎ木にチャレンジしました。

     

    本日 令和元年5月5日、57日経過したところです。

     

     

     

    <今年接ぎ木した全内容です>

     

    * 鉢植えレモン ; みかん 接ぎ木2本

     

    * 挿し木鉢植えレモン ; 大きい鉢に1本、小さい鉢に1本(各みかん接ぎ木) 

     

    * 庭植えレモン ; みかん 接ぎ木 9種10本。

     

    * 花柚子    ; みかん 接ぎ木 8種10本。

     

    * ピオーネ   ; ぶどう 接ぎ木 3種4本。

     

     

     

     

    昨年は、接ぎ木後 71日経過した 4月30日に途中の様子を残しています。

     

    その時の様子が、「こちら」です。

     

     

    アレンユーレカレモンは、この時点で、3本の内2本で、

     

    新芽が出るどころではなく、蕾までつけました。

     

     

    アレンの1本と、その他の穂木は新芽をつけません。

     

    トゲが大きくなって、メデールテープを破ったものがある程度。

     

    枯れ始めた穂木も出てきていました。

     

     

     

     

    次に、接ぎ木後 3か月と22日経過した6月9日の様子を残しています。

     

    その時の様子が、「こちら」です。

     

     

    全体的に接ぎ木は成功している、と思っていましたが、

     

    この頃から、悪い方向への変化が見られ始めます。

     

     

     

    アレンユーレカレモンだけが元気です。

     

    最終的には落ちるのですが、小さな果実もつけました。

     

    71日経過時に新芽も出ていなかった穂木からも新芽が出て、

     

    蕾まで出てきました。

     

     

    その他の穂木は・・・

     

    色が悪くなっていったり、

     

    グラグラし始めたり、

     

    そう、枯れていきました。 ^^;

     

     

     

     


    次に、7月14日の様子を残しています。

     

    花柚子に接ぎ木したみかんの穂木から新芽が出だしました。

     

    それから、庭植えレモンに接ぎ木した穂木からも新芽が・・・

     

    実に、接ぎ木を実施してから、約5か月経過後の話しです。

     

    その時の様子が、「こちら」です。

     

     

    5か月も経過して枯れていないのだから、

     

    もう形成層はついていると判断していました。

     

    つまり、もう枯れる事はない、と思っていました。

     

     

     

     

    初めての接ぎ木についての最終記事。

     

    9月23日に、「はっきりと出た答え」というタイトルで

     

    記載しました。その記事が、「こちら」です。

     

     

    7月に見られた「みかんの新芽」も枯れました。

     

    先述した通り、アレンユーレカレモン以外は全てアウトとなりました。

     

     

     

     

    ・数か月経過しても、穂木は枯れなかった。

     

    ・新芽も出た。

     

     

    事から形成層は少しはついたと判断しました。

     

    後は、その後、穂木に栄養が十分回らなかった?

     

    事が失敗の原因と判断しました。

     

     

     

    「接木した後、暖かくなりますと接いだ枝より手前から台木側の新芽が出てきます。 木は接いだ枝より台木の新芽に養分を送ります。 これを放置すると接いだ枝は養分不足で枯れます。 台木側の元気の良い新芽はその都度欠いて下さい。 接いだ部分よりすぐ下から元気の良い新芽が出て来ますので。」

     

     

     

    今年は、「台木側の新芽を欠く」事に注意しました。

     

     

    それと同時に気になった事。

     

    それは、昨年迄とは比較にならないぐらい

     

    台木側に沢山蕾がついたという事。

     

     

    「この蕾に栄養を取られるのでは?」

     

    との心配が日に日に強くなっていきました。

     

     

     

    5月3日、私は摘蕾に踏みきります。

     

    その時の様子が、「こちら」です。

     

     

    気にし過ぎなのかもしれませんが・・・

     

    2~3日で、穂木の新芽が成長します。

     

    ほんの少しですが、

     

    でも、目に見える程の成長です。

     

     

     

    接ぎ木の今の様子を記録しようと、

     

    5月2日に写真を撮りました。

     

    そして、5月3日 摘蕾実施。

     

    そして、本日 5月5日を迎えています。

     

     

     

    この3日間で成長を見せてくれた一部の穂木の

     

    Befoer After を写真にしてみました。

     

    (変化がない穂木は5/2現在のものだけです)

     

     

     

     

    反復します。

     

    昨年の、71日経過後、3か月22日経過後、5か月経過後、

     

    は上記の通りです。

     

     

    そして、本日は今年の接ぎ木から57日経過後です。

    *昨年と接ぎ木を実施した日は1か月程違いますが。

     

    昨年と比較しても、まだまだ予断が許されない状態と

     

    判断しますが、その違いは見せてくれているのではないでしょうか?

     

    *今年の接ぎ木をした時の記事が、「こちら」です。

     

     

     

     

    本日の最後に、

     

    今の接ぎ穂の状態を記録してみます! ^^

     

     

    < 庭植えレモン >

     

     

     


     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    庭植えレモンは、今のところ、

     

    3勝1敗6不明といったところです。

     

     

     

     

    < 花柚子 >

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *みかん穂木 2本分です。

     

     

     

    花柚子は、今のところ、

     

    6勝1敗3不明といったところです。

     

     

     

     

    接ぎ木後、「少し芽が出始めた」と思っていましたが、

     

    その後の成長は芳しくない状態が続いていました。

     

     

    しかし、ここ3日程度で、

     

    又、少し成長が始まった感が出てきた様に感じます。

     

     

     

     

     ‖飜畋Δ硫蠏腓

     

    ◆‥蕾

     

     

    を状態を見ながら継続してみたいと思います。

     

    あと、液肥を2日と4日に撒いてみました。 ^^;

     

     

    今後の状態を、都度アップしていきたいと思います!

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    平成31年6月23日

     

    2回目の接ぎ木をしてから106日経過。

     

    成功と失敗。

     

    時系列で表にしてみました。

     

    一覧で、分かり易くなったと思います。

     

    その時の記事が「こちら」です。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    korolemonさんが、一本でも成功すれば、私もいずれ成功することを、
    約束されているような安心と喜びがあります。
    私は、今年、カラタチと金柑にミカンとポンカンを二本づつ試みましたが、
    今のところ変化はなく、今秋改めて挑戦することになりそうです。
    その時は、去年や今年の師匠の所作を読み直して取り組みますね。
    yukikami27さんへ

    私も、あるブロ友さんからのアドバイスを基に実践しているだけです。
    接ぎ木どころではなく、果樹栽培自体がまだまだ素人ですので・・・ ^^;
    いずれ、失敗と成功の経験を積み上げていけたとしたら、樹々の気持ちが分かる
    様になるのかな?と思っております。是非、そうなりたいものです! ^^

    接ぎ木に関しては、「小さな新芽が出ても、かなりの割合で枯れる事がある。」
    と思っております。「つきかけた」と「完全についた」とでは全く違います。
    今回の接ぎ木は完敗で終わった、という事も十分あり得ます。
    台木側の枝葉を完全に切除しての接ぎ木なら、もう少し安心感が出るかもしれません。
    これだけの数の接ぎ木をしたのなら、今年の収穫はほとんど諦め、接ぎ木の成功を優先してもっと摘蕾摘花や新芽の芽欠きをすべきなのではとも思います。
    そこまでの勇気がない自分と日々戦っております・・・ ^^;

    失敗も重ねなければ、真の理解は求められせん。
    「この程度で、許してもらえるかなぁ?」という気持ちで対処して、「結果失敗し
    ました。」というのもありなのかなぁ? と考える様にしてごまかしています。^^;

    いつの日か、yukikami27さんと「接ぎ木の何たるか」を語り合える様になる為、
    日々精進していきたいと思います!! ^^
    オハヨウゴザイマス〜
    だんだん学術的なブログになってきましたね。
    私は接ぎ木なんて夢のまた夢…
    それより今ある苗を枯らさないことに専念しなくては!
    レモンって今、
    不要な(だと思われる)枝を切ってもいいのでしょうか?
    ほんとに学会で発表できそうな感じです。
    接ぎ木が一部成功されたとのこと、今後が楽しみですね。
    負傷されたかいがあったのでは(笑)
    うちの柑橘もびっしりつぼみがついていて、つんだほうがいいかも。
    でももったいなくてちゅうちょしちゃいます^^;
    • 海月
    • 2019.05.07 Tuesday 14:09
    gerogeroさんへ

    勿体ないお言葉、恐悦至極でございます。
    学術的と自分で思った事はありませんが、検証記録にはしたいと思っています。
    何かに疑問を持って、実際にやってみる。
    これを繰り返していけば、いつか、自分なりの自信みたいなものが出来るのかな?
    なんて思っております。 ^^;
    仕事もそうですが、ある程度の自信を持つには、10年はかかる様な気もしますが。
    gerogeroさんも、いつも「ある仮定」を立てて色々とされていますものね。 ^^
    上手くいっても、失敗しても、だからこその楽しみがある様な気がします。

    剪定の適期は、木の成長が緩やかになり、寒過ぎない2月下旬〜3月下旬という
    答えが一般的なのではないでしょうか?
    一方で、夏枝や秋枝は、早い時期に取り除いた方が、春枝を充実させて良い枝に
    育てる事が出来るという考え方もあるようです。
    今の時期に沢山剪定してしまうと樹勢を弱めてしまうかもしれませんが、
    不要な枝を少々切り取ったり、芽欠きする程度であれば構わないと思っています。
    ちなみに私は、あまり時期を考えず、チョンとする事はあります。 ^^;
    海月さんへ

    今日は、gerogeroさんも海月さんもどうされたのでしょうか?
    私は単純な方なので、ただただ喜んでしまいます。 ^^;
    豚もおだてりゃ木に・・・ 

    本当に1本でも良いので、昨年のアレンユーレカレモン程の成功を収める事が
    出来たとしたら・・・ 負傷等何度でもして構わないのですが・・・
    レモンにレモンが出来ても・・・ 変化が分かりにくいのです。
    レモンにみかんが生ったとしたら・・・ 想像するだけでほくそ笑んでしまいます。

    摘蕾、摘花、摘果・・・ 難しいですよね。
    「慣れればバッサリやれるようになります!」とアドバイス頂いた事があります。
    なかなか慣れません・・・ ^^;
    ただ、「・・・した方が良いかもしれない。」と思ったら、
    「取り敢えずやってみる」気持ちでいたい、と思う様になってきています。
    この2年間、よく言われた言葉です。 「さらにその先・・・」
    その先が見える様になるのは、いつの事なのでしょうか?? ^^
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM