<< ピオーネの成長 2019年4月 枝を全て切り取り、反射シートを敷いてみた。 | main | レモンの剪定と新芽と蕾。 よく似た苗木を切り比べてみた結果・・・ >>
2019.04.28 Sunday

レモンの葉がどんどん落ちていく。 葉の色は然程黄色くなっていない様なのに・・・

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


    レモンの葉がどんどん落ちていく。

     

    葉の色は然程黄色くなっていない様なのに・・・


     

     

     

    2019年4月28日(日)

     

     

    1週間程前からでしょうか?

     

    庭植えレモンの葉が落ち出しました。

     

    一過性のものかと思い、放っておいたのですが、

     

    今朝も・・・

     

     

     

     

    落ちている葉を集めてみました。

     

    表面の色は、こんな感じです。

     

     

     

     

    確かに、黄色いと言えば黄色い葉が落ちています。

     

    しかし、中には「落ちる程ではないのでは?」と思える程、

     

    緑色に見える葉もあります。

     

     

    葉の入れ替えなのかな? とも思いましたが、

     

    ここ1週間程で、急に沢山落ちるのも気になります。

     

     

     

    そう言えば・・・

     

    この3月9日、庭植えレモンに接ぎ木をしました

     

    計 9種類10本です。

     

    約2か月が経過しようとしています。

     

    数本の接ぎ穂からは、可愛い新芽が出始めました。

     

    4月14日には新芽が出だしたのを確認しています。

     

    が、それ以降、新芽は枯れてもいませんが、急成長を見せてもくれません。

     

     

     

    今年の春枝も伸び始めております。

     

    栄養不足なのでしょうか?

     

     

     

     

    レモンの葉っぱが落ちる原因を再度確認します

     

    思いつくままに書き記してみますと、

     

      ̄浜槁埖

     

    ◆“醂舛里笋蟆瓩(肥料やけ)

     

     水不足

     

    ぁ〆腐れ(水のやり過ぎ)

     

    ァヾ┐て枯れる

     

    Α”続加酥鏗押   ,噺世辰申蠅任靴腓Δ?

     

     

     

    い痢嵜紂廚亡悗靴討蓮現在、自然任せです。

     

    夏の暑さが厳しい時期以外は、基本的には水やりは不要です。

     

    レモンは、そんなに乾燥に弱くありませんので、

     

    今の時期は「水」関係の問題ではないような気がします。

     

     

    イ癲∈の時期は関係がないでしょう。

     

    そもそも、当家は住宅地の庭で育てておりますので、

     

    寒さには対策の必要自体がないかもしれません。

     

     

     

    Α”続加遒砲弔い討蓮△修両評が認められません。

     

    紋羽病やカミキリムシの被害痕は見られません。

     

     

    ただ気になる事を発見しました。

     

    地際付近の幹の根元に樹液が溜まっているのです。

     

    正面から、反対側にあり気付きませんでした。

     

     

     

     

    幹の表皮を何かにかじられている感じがします。

     

    今日のところは、ベニカXファインスプレーを幹に吹き付けておいてみました。

     

     

    今後の状態を見て、根本辺りをメデールテープで

     

    巻き付けてみようかなぁとも思いました。

     

     

     

     

     

    この傷が、葉が落ちた原因ではないとすると・・・

     

    やはり、栄養が問題なのでしょうか?

     

     

     

    今年に入ってからの施肥量を再確認してみました。

     

    今年からは、きっちりと記録を残しています。

     

     

     

     

    平成31年2月9日 

     

    骨粉入り油粕(5-5-0)  約770g

    カリ             20g

     

     

    平成31年4月21日

     

    骨粉入り油粕(5-5-0)  適量

    苦土石灰         約120g

    液肥           適量

     

     

    2月の元肥施肥以降、化成肥料の施肥はしておりません。

     

    そもそも路地植えなので、大量に化成肥料をやらない限り、

     

    「肥料やけ」の心配は不要だと思いますが、

     

    今年の「肥料やけ」の心配は、特にない状態です。

     

     

     

    つまり、消去法で考えるとすると、

     

    「栄養不足」という事になります。

     

     

    ・新芽がどんどん出てきている。

    ・接ぎ穂も沢山しており、その新芽も出始めている。

    ・数える気にならない程の蕾もついており、少しですが開花も始まっている。

     

     

    等の状況も勘案し、

     

    化成肥料の施肥をする事にしました。

     

     

    6月頃を予定していましたが、前倒しです。

     

    そう言えば、昨年も前倒しして施肥しています。

     

     

    5月には、急な成長が始まりますので、

     

    4月の中旬以降には追肥した方が良いのかもしれません。

     

     

     

     

     

    そう言えば・・・

     

    3月31日にEMボカシ肥料を作ってみました。

     

    その時の様子が「こちら」です。

     

     

    その時使用したEM菌は、購入後1年8か月経過しており、

     

    「お前はもう死んでいる」かもしれませんでした。

     

     

    通常であれば、1週間後でも酸味がかった匂いがしてきて、

     

    発酵している確認が出来るのですが、

     

    2週間後でも、全く匂いが変わりませんでした。

     

    その後、根気よく続けて・・・

     

     

     

    今朝の状態です。

     

    この時点で、酸味がかった匂いが香ります。

     

     

     

     

    表面に少しですが、カビまで生えていました。

     

    生きている事が確認でき、逆に嬉しい結果となりました。

     

    EM菌って・・・  死なないのかも・・・ ^^;

     

     

     

    という事で、

     

    本日は、化成肥料とEMボカシ肥料の施肥をする事に!

     

     

    先ずは、少し土を掘り返してみましょう。

     

     

     

     

    そして、化成肥料を量ります。

     

     

     

     

    チッソ・リンサン・カリ ⇒ 8ー8ー8

     

    のものを使用しました。

     

     

    庭植えレモン     100g(EMボカシ肥料も)

    花柚子        100g(EMボカシ肥料も)

    鉢植えレモン(20ℓ)   20g

    6・7号鉢       10g

    9号鉢         15g

     

     

    ちなみに、100gを量ってみますと、

     

    これぐらいになります。

     

     

     

     

     

    それを、木の周りに撒いてみます。

     

     

     

    EMボカシ肥料も上から撒いて・・・

     

     

     

    それから、土を被せて、液肥で土を湿らせてみました。

     

     

     

     

     

    さて、本日の作業はここまでです。

     

    これで、暫く様子を見てみたいと思います。

     

    葉が落ちる現象は止まってくれるのでしょうか?

     

     

    その後の様子もアップしていきたいと思います! ^^

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    下枝からポロポロと葉が落ちだすのは、、根が傷んでるみたいですね...。
    また、根の部分から異臭がしたら間違いなく根腐れだと思います。(身近な対策は、こまめに水道水を地中に浸透させて殺菌する等...)

    主な原因は、根切り虫(対策はオルトランを撒く等...)やテッポ虫(ゴマダラカミキリムシの幼虫等)による虫害・・・後者でしたら、非常に厄介で、恐らく、芯の部分は食われて空洞になっていると思います。(トップジンMペースト等で早期回復を...)

    化成肥料は逆に根を痛めることもあります。このまま放置すると、枯れることもあるでしょうから、万一に備えて遮光ネットをスッポリ被せるなりして当面養生するとよいでしょう...。

    上手く行けば、レモンは樹勢が強いですから早期回復は見込めるかもです...。
    • 橘愛好派
    • 2019.04.30 Tuesday 02:51
    橘愛好派さんへ

    根が傷んでいそうですか!!
    昨年、鉢植えレモンの植え替えをした時に、土から異臭がした事があります。
    ”これは土が悪くなっているな!”と直ぐに感じ、土を全て入れ替えをした所、
    その苗木は復活してくれました。
    問題なのは、路地植えの場合です。根まで掘り返して、土の状態を見る事が困難です。
    路地植えの場合は肥料やけになりにくいとは言いますが、「肥料等をやり過ぎた場合は、水を沢山流して・・・」との対策を書いている教本もありますので、路地植えだからと言って根腐れしないという事ではないとも思っています。
    どうやって確認をすれば良いのでしょうか?

    虫被害に関しては、ちょっと危機感を感じました。
    ぶどうがテッポウムシにやられまして、全ての枝を切り取った事からも、カミキリムシに対する早期発見は十分留意していたのですが、レモンの幹のちょうど反対側がやられていました。表面がかじられたような痕でしたのでカミキリムシではないと思うのですが、トップジンMペーストを付けてメデールテープで巻いておいてみました。
    根本の部分なので、ここがやられたらアウトですね。様子を見ていきたいです。

    遮光ネットを被せると良いのですか?
    樹が弱っている時は、日光をあまり当てない方が良いという事でしょうか?
    様子を見て、落葉が止まらない様でしたら、遮光ネットも検討してみます。
    ただ、木は結構大きくなっていますので、スッポリと覆うのは少々難しいかもしれません。 ^^;

    コメント、ありがとうございました!!
    この時期の葉の落下はちょっと心配ですね。
    養分を吸いたくても吸う養分が足り無いのか、養分を吸う力が無いのか。
    心配ネタの大きさが違います。

    私はハイポネックスの液体肥料を時に使います。
    特に野菜ですが。
    急いでいる時に使っています。
    即効性であります。
    液体肥料は肥料焼けがありません。
    養分不足であれば液体肥料ですぐに落葉が収まります。
    もっと深刻な問題であれば、これで収まりませんのでより慎重な見極めが必要かと思います。
    あと、木酢液の葉面散布と言った直接葉から活力を与える方法がありますね。





    • 日本一の果実
    • 2019.04.30 Tuesday 07:49
    日本一の果実さんへ

    やはり、この時期の落葉は心配でしょうか。
    養分を吸う力が無くなっていたら大変ですね。接ぎ穂も付きかかっているのに。
    ぶどうも、レモンも初めから・・・ なんて事になると凹んでしまいそうです。^^;
    ハオポネックスの液肥は使ってみました。
    今回、化成肥料とEMボカシ肥料を撒き、液体肥料で湿らせてみました。
    液体肥料は肥料やけの心配はないのですね。撒き過ぎはダメだと思っていました。
    これで、落葉が止まってくれれば良いのですが・・・

    木酢液やEM希釈液を葉面散布する事も検討してみます。
    取り敢えず、雨が止んでくれなければなりませんが・・・ ^^;
    露地植えの場合、土や根の状況を確認するには、丁寧に土を掘り返すしかないのでしょうか? 落葉が止まらなければ、それも考えています。 ^^;
    >地際付近の幹の根元に樹液が溜まっている・・・

    幹の根本の(赤くなっている..)怪しい部分に、ドライバーか、それに代わるもので強く押し込んでみて、その部分が貫通しなければ大丈夫ですが、もし、ポッコリ穴が現れたらテッポウ虫の仕業でしょうから厄介な事です...。

    樹高が2.5〜3メートル近くありそうですね...。
    そうでしたら、葉数は相当あると思いますので、パラパラと落ちた葉は、、単純に不用になった古葉でしょうか?(だとしたら、生理的なものです。)
    樹木全体が一見、青々と葉が茂っているようでしたら、然程、心配は要らないと思います。

    もし、落葉が止まらない場合は、根に原因があります。少し掘り返してみて、根が黒変(黴臭いような異臭も...)していたら確実に根がやられています。

    遮光ネット(遮光率50〜60%)で覆う理由は、、葉からの蒸散(乾燥)を抑えるためです。もし、根が腐ったり傷んでいたりすると水分等の吸収が難しくなります。水分が出て行くばかりでは乾燥して枯れて仕舞います。

    このタイプの化成肥料は、与え過ぎると、地植えの元気な大苗でも急激に樹勢が衰えたり、枯れることがあります。(やはり、有機肥料がお勧めです。)

    レモンの場合、周りが凍てつくような厳寒期(1月中旬〜2月上旬頃..)に新芽が伸び始め〜元気よく活動が始まります。が、気温が上昇する春頃に突然枯れたりしますので、常日頃の(特に、寒暖差による対策..)管理は大事ですね...。
    • 橘愛好派
    • 2019.04.30 Tuesday 18:45
    橘愛好派さんへ

    今、19:26。 ドライバーで挿してきました。
    プニュプニュと凹みましたが、貫通はしませんでした。
    穴が開いているという状態ではないようです。 ^^;
    樹高は、2.5メートルといった所でしょうか? 正確には測れませんが・・・
    樹全体は青々と葉が茂っている様に見えます。
    暫くこれで様子を見て、どんどん葉が落ちるようでしたら、今度は土を掘り返してみます。

    気温が上昇する春頃に枯れたりする事があるのですね。
    寒暖差があると人間でも風邪をひいてしまいますが、レモンも弱ってしまう事があるのですね。
    こまめに状態を見て、樹の気持ちを確かめていきたいと思います。 ^^
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    ご覧頂きありがとうございます。
    @korolemon
    スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
    にほんブログ村
    スポンサーリンク
    日本ブログ村ランキング
    PVアクセスランキング にほんブログ村
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 井上尚弥選手とエマヌエル・ロドリゲス選手の試合。
      korolemon (05/20)
    • 井上尚弥選手とエマヌエル・ロドリゲス選手の試合。
      yukikami27 (05/20)
    • ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。
      korolemon (05/13)
    • ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。
      海月 (05/13)
    • ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。
      korolemon (05/13)
    • ピオーネの成長 2019年5月 芽欠き、誘引をやってみた。
      yukikami27 (05/12)
    • レモンと花柚子への接ぎ木後57日経過です。 接ぎ木2度目の経験で成功を勝ち取れるのか?
      korolemon (05/07)
    • レモンと花柚子への接ぎ木後57日経過です。 接ぎ木2度目の経験で成功を勝ち取れるのか?
      korolemon (05/07)
    • レモンと花柚子への接ぎ木後57日経過です。 接ぎ木2度目の経験で成功を勝ち取れるのか?
      海月 (05/07)
    • レモンと花柚子への接ぎ木後57日経過です。 接ぎ木2度目の経験で成功を勝ち取れるのか?
      gerogero (05/07)
    Recommend
    バースデー プレート
    バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

    大切な人へ。

    生涯残る、唯一の贈り物。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM