2019.07.13 Saturday

鉢植えレモンの育て方。 挿し木後3年目の苗木に果実を生らすために。

0

    JUGEMテーマ:家庭

     

     


    鉢植えレモンの育て方。

     

    挿し木後3年目の苗木に

     

    果実を生らすために


     

     

     

     

    露地植えではなく、鉢植えでレモンを育てている方ほど、

     

    「レモンの花が咲かない」

    「レモンの蕾が落ちる」

    「レモンの果実が生らない」

     

    と、その栽培に難しさを感じている人が多い様に思います。

     

     

     

    露地植えでも、鉢植えでもレモンを育ててみました。

     

     

     

     

    実際に育てた記録を残してみます。

     

    私が注意した部分を書き残す事によって、

     

    何人かの人が、収穫に至る事を期待します。

     

     

     

     

    1、温度

     

     

    レモンはマイナス3度以下になると、木が弱り、場合によっては枯死する事があります。

    鉢植えの場合は、簡単に移動させる事が出来るので、寒い日は室内に移動させましょう。

     

     

     

     

    2、棒苗ではなく、大苗で始めたい。

     

     

    今育てている鉢植えレモンの一番大きなサイズのもの。

     

    高さ 155僉 僻の高さ 約32僉土より上 約123僉

    樹幹 100

    鉢  20ℓ鉢 (鉢の直径 約42僉

     

     

     

     

     

    20ℓ鉢では、これ以上苗を大きく育てられない感じがします。20ℓ以上の鉢で育てるとすると、かなり重くなります。(20ℓ鉢でも、30ℓ以上の培養土が入ります) つまり、植え替え時等の事も考え、鉢植えでは20ℓ鉢が限界とすると、苗の大きさは120〜130儖幣紊砲楼蕕討蕕譴泙擦鵝この高さの中に、どれだけの枝をつけ、実を生らすかという事を考えると、株元に近い部分からまんべんなく枝分かれしている苗木の方が、果実がなるスペースが増え、コンパクトに仕上げる事が出来るという事です。棒苗ですと、どうしても枝が付いていない幹だけの部分が出来てしまいます。

     

     

     

     

    3、施肥

     

     

    レモンは肥料食いです。「こちら」を参考に、施肥してみて下さい。

     

    2019年2月に有機質肥料を施肥した後、施肥した内容を記録しています。読み直してみますと、上記施肥以外にかなりの回数、液肥を撒いています。樹勢や葉の色、或いは、果実の付き具合等を勘案しながら液肥を撒きました。化成肥料のやり過ぎは、「肥料やけ」を起こしてしまう可能性がありますので注意しなければなりませんが、液肥はこの心配がありません。(植え付け、植え替え時は2〜3週間は液肥も施肥しない)

     

    又、肥料をやっても、葉が黄色くなる時がありました。私の場合、苦土石灰を撒く事により治りました。この時の様子が「こちら」です。葉の状態を良く見て、何が欠乏しているのかを判断する事も大事な様です。

     

     

     

     

    4、水やり

     

     

    タイミングの基本は、「鉢土の表面が乾いたら水をやる」です。

     

    春は2〜3日に1回、

    夏は1日1〜2回、

    秋は1〜3日に1回、

    冬は3〜7日に1回を目安にします。

     

     

    冬までに鉢土を若干乾燥気味にすると、耐寒性が強くなります。

     

    一方で、水をやり過ぎ、根腐れを起こす事にも注意します。

     

     

     

     

    5、植え付け、植え替え

     

     

    時期等に関しては、「こちら」で記載させて頂きました。又、実際に植え替えた時の記事は「こちら」になります。

    植え付け、植え替え直後の苗は暫く施肥を控えます。鉢植えであっても路地植えであってもです。肥料やけを起こし易いです。植え付け後、新根が出て自分で養分を吸収出来るようになってから施肥するのが一般的の様です。時期にもよりますが、2か月程は化成肥料を施肥しませんでした。 

     

    又、植え替えに関しては、毎年したいものです。「放っておくと鉢の中が根でいっぱいになってしまいますので、通常 2〜3年に1回のペースで植え替えてやる必要がある。」と言われますが、土の入れ替え、鉢土中に酸素を送り込む、古い根の除去等を勘案すると、毎年してあげたいと思います。

     

     

     

    < 果樹の成長について >

     

    「成長に関して、施肥の他に土そのものの状態があります。 鉢植えでは『根詰まり』を起こし易いです。 根が窒息する状態。固くて空気が入っていない状態は地上部とのバランスを崩します。 新根の成長=木の成長。晩秋まで肥料をやり続ける(2ケ月ごと)ことと新根の成長に合わせて根が成長する所の土に空気を送り続ける(新根の先を常に耕す)。 この2つです。 根の成長は春は勿論成長します。あとあまり知られてませんが秋にも大きく成長します。(夏は成長しません。) 根の成長は気温と関係しますので。 人が暑い時は木も暑い。」 「果樹の成長は根に比例します。 根が成長出来る環境作りが第一です。 2か月毎の肥料と酸素。 これが8割でしょうか。 あとの2割が地上部。 余分な枝を作らないことと幹を安定させること。 幹が安定しませんと果樹もストレスを感じます。 安心して成長させることでしょうか。」 頂いたこのコメントを意識しながら、施肥・土作り、植え替えをしています。

     

     

     

     

    6、剪定

     

     

    剪定の時期等に関しては、「こちら」で記載させて頂きました。

    強剪定をした方が大きな成長を見せてくれるかどうかを、現在検証中です。

     

    一定の大きさになるまでは、

     

     ”通しを良くする様に枝を切る。

    ◆…垢せ泙寮菽爾鮴擇蟲佑瓩襦

     春枝を残し、夏枝と秋枝を根本から間引く。

    ぁ.譽皀鵑脇盡性。内側の細枝に実を付ける習性があります。

      内側の細枝も邪魔にならない程度に残す。

     

    に注意して剪定を行いたいものです。

     

     

     

    又、この際、「仕立て」についても対処します。

     

    枝が立ち気味であると果実が生りにくい様です。(樹勢が強い間は、木自身が成長するのに集中し、子孫・果実を残そうとしません。)ですので、立ち気味の枝を引っ張って(樹勢を抑えて、子孫を残そうとさせます)苗を仕立てます。鉢植えの場合、先ず、鉢の縁に紐を巻きます。その縁に巻いた紐と枝を紐で結ぶと、上手く下に引っ張れます。鉢の真ん中に棒を立てると、枝を引っ張り上げる時に便利です。

     

     

     

     

    7、害虫・病気

     

     

    鉢植えでは、今の所大きな被害に会っていません。 虫・病気共に大丈夫です。

    青虫は、日々、手で取っています。これは欠かせません。しないと、葉が全部なくなってしまいます。卵が付いているのを見つけると、その時点で取り除きます。他に、エカキムシ等にもやられますが、特に症状がひどい葉を取り除く程度で大丈夫の様です。特に新芽の部分が、ハマキムシ等にやられやすいので、ベニカXファインスプレーを新芽の部分にだけ噴き付けたりしました。

     

     

     

     

     

     

    一度黄色くなった葉は、元の緑色の元気な葉には戻りません。元気な葉に戻そうとするのであれば、黄色くなった葉、或いは、病気を罹った葉は取り除きます。その後、又、新芽が出てきますので、これを育てる様にします。その状態によっては、葉を切るのではなく、枝を切り取りました。枝ごと作り直します。

     

     

    どうしても、その場所に新たな枝が欲しい場合、接ぎ木をしてみるのも1つの手段と思います。例え接ぎ木が成功しなかったとしても、穂木が枯れ始めると、その元の台木側から新芽が出だす事があります。

     

     

     

     

    8、摘蕾・摘果

     

     

    その苗木の大きさから、生らせる果実の数を決めます。

     

    3年目の苗木なら、2〜3個、

    上記20ℓ鉢なら、 8〜10個程度、という具合です。

     

     

    5月〜6月、ジューンドロップ(生理的落果)を想定し、若干多めに残しておいた方が良い場合もあります。適正な数だけを残してから落果してしまうと、果実の数が減ってしまいますので、ジューンドロップが終わってから、適正な数に摘果します。しかしながら、蕾・果実をあまり残し過ぎると、逆に落果が酷くなったり、或いは、果実が成長しなくなるので注意します。

     

    今年は苗木の限界を知る為、当初 17個程度の果実を残してみました。すると、全体的に、果実が成長しませんでした。小振りの果実ばかりになった様です。その後、更に摘果し液肥を追肥した所、少し大きくなってきた様ですが、昨年程の成長は見せてくれません。

     

     

     

     

    今、3年目の苗木に果実を生らす検証を行っています

     

    ホームセンターで売られている「実付きレモン苗」を再現できるのか?

     

    を検証しています。

     

     

     

    幹が切り取られ、苗木の成長を意図的に止めている様です。

     

     

    同じ様にしてみたら・・・

     

    今、徹底的に、新芽を取り除いています。

     

    その様子を以下に、書き記しておきたいと思います。

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

    平成29年6月17日、挿し木でレモンを増やしました。

     

    その時の様子は「こちら」です。

     

     

     

    それから2年が経過しました

     

    令和1年3月3日、

     

    小さな鉢で育てたレモン2鉢と

    大きな鉢で育てたレモン2鉢を、

    1つは強剪定し、1つは全く剪定をしませんでした。

     

    その時の様子は「こちら」です。

     

     

     

    初めは、強剪定しなかった苗の方が成長したのです。

     

    蕾を付け、花を付け、そして、実が生りました。

     

    「2年目の鉢植えレモンで果実が収穫できる」

     

    と喜んでいました。

     

    その時の様子は「こちら」です。

     

     

     

    しかしながら、期待を裏切らず落果・・・

     

     

     

     

    一方、強剪定をした苗木は、全く変化(成長)を見せず、

     

    6月22日頃、やっと新芽や蕾が見られる様になりました。

     

    この頃から逆に、強剪定をしなかった苗の成長が止まります。

     

     

     

    成長には周期がある様に思えます。

     

    強剪定をした事によって、その時期にずれが出来たのかもしれません。

     

     

     

    こちらが、今日現在の強剪定をしなかった苗です。

     

     

     

    全体的には、元気にすくすく成長してくれています。

     

    が、「新芽が出て急成長」という感じではないです。

     

     

    一方で、強剪定した苗はといいますと・・・

     

     

     

     

    薄黄緑色の葉が、全て新芽になります。

     

    沢山の箇所から、上へ上へと伸びています。

     

     

    そして、2つの果実も落果せず残っています。

     

    新たな花も咲きました。

     

    他にも、蕾が見られます。

     

     

     

    6月2日頃では、全く逆でした。

     

    強剪定しなかった苗が成長を見せ、

     

    強剪定をした苗は動きなし。

     

     

     

     

     

    この鉢の大きさなので、3つは収穫出来て良いと判断。

     

    今、生っている2つの果実と、1つの花を育てる

     

    これに注力することにしました。

     

     

    注力するにはどうすれば良いのか?

     

     ‖召礼欧賄蕾する。

     

    ◆/群蠅論攴する。

     

     

     

    少し可哀想な気にもなりますが、

     

    強剪定をした苗木ですので、ここは検証する事にしました。

     

     

     

    恐らくは、上記の´△鬚靴覆い任い譴弌

     

    実は一定の大きさになったら、落果して終わり。

     

    他の成長を全て取り除いて、実の成長に集中して頂きましょう。

     

     

     

     

     

    上や横に伸び出していた黄緑色の新芽を全て切除しました。

     

    切り口に癒合促進剤を塗っておきました。

     

    左上側の花以外の蕾は全て摘蕾しました。

     

     

     

     

     

    可哀想・・・

     

    と思ってしまう程、散髪してしまいました。

     

    新しい毛が生えてきても摘み取ってしまいましょう。

     

     

     

    ここまでしたら、

     

    3年目で収穫に至る事が出来るのか?

     

    検証です。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    2019年7月28日(日)

     

     

     

     

    果実は落果する事なく、順調に育ってきています。

     

    7月13日の時と比較してみましょう。

     

     

     

     

    果実の幅、2.3冂度まで育ってきております。

     

    見た感じは、「もう、落果しないのでは?」という感じです。

     

    何故、落果せずに今日を迎えているのか?

     

     

     

     

    チェック出来る限り毎日枝を見ています。

     

    新芽は、出ない時は全く出ないのに・・・

     

    こういう時は、ちょこちょこ生えてきます。 ^^;

     

     

    見つけたら、直ぐに取り除いています。

     

    これの繰り返ししかしておりません。

     

     

     

    さて、これで収穫までいけるのでしょうか?

     

    20ℓ鉢には、8〜10個。

     

    9号鉢には、3〜5個のレモンを生らせるでしょうか?

     

     

    記録を続けてみます。 ^^

     

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

     

     

    ほんの少しでも、

     

    面白いと思って頂ければ、

     

    下のバナー(コロ)を

     

    「ポチッ」と押して頂きますと、

     

    これからも、頑張れます!

     

     

    宜しくお願いします。 おじぎ の画像

     

     

     

     

     


    にほんブログ村

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2019.06.02 Sunday

    元気過ぎる鉢植えレモン! 何故この苗木は、こんなに成長するのでしょうか?

    0

      JUGEMテーマ:家庭

       

       


      元気過ぎる鉢植えレモン! 

       

      何故この苗木は、こんなに成長するのでしょうか?


       

       

      挿し木して増やした鉢植えレモンがあります。

       

      現在5鉢あり、その成長の違いを観察しています。

       

       

      その内の1つが元気な成長を見せてくれています。

       

      大きな鉢(9号鉢)で育て、強剪定しなかった苗木です。

       

      先週も、若干その成長ぶりについて触れました。

       

      その時の記事が「こちら」です。

       

       

       

      それから、まだ1週間しか経過していません。

       

      例えば、その苗木に接ぎ木した穂木です。

       

      この写真が、5月26日(日)です。

       

       

       

      そして、わずか6日後、

       

      6月1日(土)の穂木の状態がこちらです。

       

       

       

       

      私が驚いているだけで、

       

      本来持っている成長力はこんなものではないのかもしれません。

       

       

       

      しかしながら、同時に育てている他の鉢とは、

       

      その成長ぶりが全く違うのも事実です。

       

       

      また、露地植えレモンの接ぎ穂でさえ、

       

      これよりは大きな葉に成長しているものの、

       

      こんなに接ぎ穂全体から生えてきておりません。

       

       

       

       

      そして、その成長は接ぎ穂の成長だけではありません。

       

      青虫君に食べられたのか、ハゲた枝が1本ありました。

       

      その枝からは新たな新芽がなかなか出てこなかったのです。

       

       

       

       

      その枝から、よく見てみますと・・・

       

      新たな芽が生まれようとしています。

       

       

       

       

      「この枝は、もう切り取るしかないかな?」

       

      と思い始めていたので、凄く嬉しかったのです。

       

       

       

      ただ単に、6日前に見落としていただけなのかもしれません。

       

      でも、改めて先週の記事を読み直してみても、

       

      「新芽を沢山つけて、大きく育っているという感じではありません。 葉が1枚も付いていない枝もあります。 しかしながら、この実付きの良さには驚いております。

       

       

      とだけの記載であり、

       

      新芽には全く気付いていない様子ですし、

       

      「実付きの良さ」と「接ぎ穂の新芽」だけピックアップしています。

       

       

       

      そして、接ぎ穂以外から出だした新芽は、

       

      このハゲた枝からだけではないのです。

       

       

       

       

      これも先週見落としていたのでしょうか?

       

       

       

       

      新芽が出てきただけではなく、

       

      この時期になって、まだ新しい蕾ができました。

       

       

       

      わずか6日で、こんなに成長した新芽や蕾が。

       

      そんなはずはない。

       

      見落としていただけなんだ・・・

       

       

      けれど、5月26日頃に撮った写真をどう見直しても、

       

      それらしい新芽や蕾を見つけられませんでした。

       

      よく見れば、小さいものがあったのでしょうが・・・

       

       

       

      そして・・・

       

      果実も・・・

       

       

       

       

       

      先週は、2つの果実が一回り大きく見えました。

       

      今週は、3つの果実が一回り大きく見えます。

       

      露地植えの果実よりも大きい様に見えます。

      *落ちずに頑張ってくれれば良いのですが。 ^^;

       

       

       

       

       

      つまり、

       

      何から何まで素晴らしい成長を見せてくれている、という事。

       

      (ただ、全体が大きくなってきている感じはないです。「高さも、横幅も、大きくなって困るという感じではありません。)

       

       

       

       

      鉢の大きさを変えたり

       

      強剪定をしたり、しなかったり

       

      という事はありますが、

       

       

      肥料の量や、水のやり方、陽の当たり方は

       

      全くと言って良い程、

       

      同じ苗木を育てているのに・・・

       

       

      しかも、その苗木は、

       

      同じ時期に、同じ木の枝から作った挿し木なのに・・・

       

       

       

       

       

      今迄は、

       

      何かの悪い点に注意がいっていた様に感じました。

       

       

      こんな悪い状態が発生したので、

      こういう対処をした」ら、

      こういう結果になった」。

       

       

       

      でも、良い状態からも知り得る事が沢山あるかも。

       

      何故、この鉢は状態が良いのか?

       

      をもっと考えれば、必要なものが分かりはしないでしょうか?

       

       

       

       

      今回、この鉢植えレモンが生まれてから、

       

      今日に至るまでを改めて顧みてみました。

       

       

       

       

       

       

      1、お生まれ。

       

       

      平成29年6月17日(土)

       

      庭植えレモンの枝を挿し木して誕生です。

       

      その時の様子が「こちら」です。

       

       

       

      2、平成30年8月の様子。

       

       

      この時に、増えた苗木を貰って頂こうとして、

       

      その時の挿し木レモン達の様子をアップしています。

       

      その時の様子が「こちら」です。

       

       

       

      その苗木達のその後はというと・・・

       

       

      ・その時一番成長して9号鉢となっていた苗木 

            ⇒ 大鉢強剪定あり。

       

      ・鉢 A  ⇒ 貰われていきました!

       

      鉢 B  ⇒ 大鉢強剪定なし。

       

      ・鉢 C  ⇒ 小鉢強剪定あり。

       

      ・鉢 D  ⇒ 貰われていきました!

       

      ・鉢 E  ⇒ 小鉢強剪定なし。

       

       

       

      挿し木開始当初一番成長した苗は、大鉢で強剪定した苗です。

       

      つまり、今回素晴らしい成長をみせてくれている苗ではありません。

       

       

      そして、挿し木1年後に最も素晴らしい成長を見せてくれていた

       

      鉢Aと鉢Dは貰われていってくれました。

       

       

       

      今、素晴らしい成長を見せてくれている苗木は、

       

      挿し木1年後に、高さ・幅ともに50冂度の成長を見せた、

       

      成長スピードで言うと真ん中の鉢Bの苗木君です。

       

       

       

      3、平成31年3月の様子。

       

       

      残っていた4つの挿し木鉢植えレモンを試してみました。

       

       

      *大きい鉢と小さい鉢。

       

      *強剪定する苗と強剪定しない苗。

       

       

      この4つの苗木が、その後どの様な成長を見せてくれるか?

       

      の検証です。

       

      その時の様子が「こちら」です。

       

       

       

      今から半年後、1年後の様子は未だ知りません。

       

      が、強剪定後3か月程度のスパンの話しなのであれば、

       

      強剪定しない方が良い成長をみせてくれました。

       

       

      あまりに強い剪定は、

       

      樹勢を弱めてしまうのかもしれません。

       

       

       

       

      鉢の大きさについては、まだよく分かりません。

       

      小鉢強剪定なし(鉢E)は、この後大きな成長をみせます。

       

       

      新芽がどんどん出て来るという感じではありません。

       

      果実が沢山生ったという訳でもありません。

       

      今ある枝自体がどんどん大きく育って・・・

       

       

      だいぶ大きくなり、ちょっとした風でこける様になった為、

       

      令和1年5月26日、大きな鉢(9号鉢)に植え替えました。

       

       

       

      4、植え替え。(挿し木 H29.6.17)

       

       (神29年8月27日

       

        挿し木約2か月後、プランターから6号鉢に植え替えました。

       

      ◆(神30年12月1日

       

        6号鉢から9号鉢に植え替えました。

       

       

       

       

       

      根っこは、下に下にとは伸びていませんでした。

       

      上の方だけでかたまっている感じです。

       

       

      苗木は大きくなったので植え替えたのですが、

       

      根の様子も時折見ておく必要があるのかもしれません。

       

       

      (ちなみに、大鉢強剪定ありの苗木は、

       

      平成30年5月に植え替えをしています。)

       

       

       

       

      その後は何もせず、本日に至っております。

       

       

       

      再度繰り返します。

       

       

       

      肥料の量や、

      水のやり方、

      陽の当たり方は全くと言って良い程、

      同じ挿し木苗木を育てているのに・・・  です。

       

       

       

      上手くいっている時のプロセスも、

       

      十分意識して、鉢植えレモンのケアに

       

      活かしていきたいと思います。

       

       

       

      何せ、

       

      「鉢植えは、路地植えより難しい

       

      と感じ始めておりますので。^^;

       

       

       

       

      今回、何気にふと思ったこと・・・

       

      「もっと、こまめに写真を撮って残しておけばよかった。」

       

      「今度は、鉢の植え替えを1年と2年とのスパンで分けて、成長の違いを見てみたい。」

       

       

       

       

       

      今後の成長も注意深く見ていきたいと思います。 ^^

       

       

       

       

       

       

       

       

      ほんの少しでも、

       

      面白いと思って頂ければ、

       

      下のバナー(コロ)を

       

      「ポチッ」と押して頂きますと、

       

      これからも、頑張れます!

       

       

      宜しくお願いします。 おじぎ の画像

       

       

       

       

       


      にほんブログ村

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2018.06.02 Saturday

      レモンの実を摘果する。 1鉢の木に何個の実を生らせたら良いのか?

      0

        JUGEMテーマ:家庭

         

         


        レモンの実を摘果する。

         

        1鉢の木に何個の実を生らせたら良いのか?


         

         

        昨年(平成29年)に購入した鉢植えレモン。

         

        購入時の様子が「こちら」です。

         

        購入時、4つの実が生っていました。

         

         

         

        それから、20ℓの鉢に植え替えた時の様子が

         

        こちら」です。

         

        培養土は30ℓ超入りました。

         

         

         

         

        それを育てて、昨年は4つの実を収穫。

         

        今年は何個の実を収穫できるのでしょうか?

         

         

         

         

         

         

         

        今年、5月12日の様子が「こちら」です。

         

        花は沢山つき、実となりました。

         

         

        全ては育てられませんので、この時点で30

         

        程度まで摘んで様子を見てみました。

         

         

        その後も、1枝に1個の実となるように気を

         

        つけ、元気そうな実を残すようにしました。

         

         

        現在、11個の実が残っています。

         

         

         

         

        昨年購入時のレモンの木の大きさ。

         

        鉢の土の上からの高さ 約60僉

         

         

        現在のレモンの木の大きさ。

         

        鉢の土の上からの高さ 約70僉

         

         

         

         

        少しは成長しているものの、

         

        ほぼ同じと考えても良い程度です。

         

         

         

         

        では、

         

        今年も4〜5つとすべきなのでしょうか?

         

         

         

         

        どれぐらいの実を収穫できるのか?

         

        どれぐらいの大きさまで育てられるのか?

         

        或いは、

         

        どれぐらいの時期に落ちてしまうのか?

         

         

         

         

        このまま放っておいて、検証してみようか?

         

        とも思いました。 

         

         

         

         

        👉 摘果しなかった場合のディメリット

         

         

         ー造小さく、果汁が少なくなる。

         

        ◆〔擇弱くなり、翌年の収穫量が減る。

         

          隔年結果の原因ともなる。

         

         

         

        しかしながら、上記ディメリットを考慮し、

         

        もう少し摘果することに決めました。

         

         

         

        では、

         

        いつ?

         

        どれぐらい?

         

        摘果すれば良いのでしょうか?

         

         

         

         

        👉 適期は8月

         

         

        摘果は早くすればする程、栄養を無駄にせ

         

        に済みますが、7月中までは実が落ちて

         

        しまう可能性があるので、落果が収まる

         

        8月初旬から始め、月中で終わらせるよう

         

        にしたら良いようです。

         

         

         

        👉 葉 20〜30枚につき実を1個

         

         

        適量については、これを目安で良いよう

         

        す。しかしながら、鉢植えレモンでさえ葉

         

        の数を数えるのは大変です。

         

        又、数枚の葉でも実の収穫に至る場合もあ

         

        るようですので、あくまで目安にして、

         

        果実が大きくて綺麗なものを残すようにし

         

        て摘果したいと思います。

         

         

        当家の鉢植えレモンで言うならば、

         

        5〜10個内外でしょうか?

         

         

         

        反復するようですが、その意味で、沢山つ

         

        いた実を、状態をみながら(1枝に1〜2、

         

        大きさ・色)摘みました。

         

         

        現在11個。

         

         

        このままの状態で8月まで育て、8月に入っ

         

        たら状態を見て摘果する検証をしてみたい

         

        と思います。

         

         

         

        1枝につき1つの実。

         

        ではありますが、

         

        今でも2つ付いたままの枝もあります。

         

         

         

         

        2つの実を残している枝の数、2。

         

        元気に育っていってくれるのを

         

        祈ります! おじぎ の画像

         

         

         

         

        ちなみに、

         

        鉢植えレモンの実はいい感じですが、

         

        庭植えレモンは窮地に立たされています。

         

         

         

        残っている実の数、1。 夏だよ。子供だよ。汗だく の画像

         

         

        昨年は全滅でした。

         

        昨年最後の実がこちらです。

         

         

         

         

        そして、

         

        現在残っている最後の1つの実がこちら。

         

         

         

         

        昨年落ちた時と同じぐらいの大きさには

         

        育っているでしょうか?

         

         

        今の鉢植えレモンの実と比べても

         

        遜色ないようです。

         

         

        なんとか「1つ」だけでも収穫に至れれば

         

        と願って! 

         

         

         

         

        ちなみに、

         

        庭植えレモンが落果しないように、

         

        今年、対策は行ってみました。

         

         

         

         ,海谿幣紊寮長を止める為に、

         

          枝先を切除

         

        ◆‐来混み合いそうな枝を事前に切除。

         

         土を掘り返す。(根に酸素を)

         

        ぁー囲の木々を整理。(風通し改善)

         

        ァ_柔肥料の施肥。

         

         

         

        その時の記事が「こちら」です!

         

         

        なかなか上手くいかないものです。

         

         

         

         

         

        ゆるキャラ凸 デコメ

         

         

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

         

        後日談 1

         

        さて、上記の鉢植え庭植えレモンの果実

         

        その後、どうなったでしょうか?

         

        平成30年10月

         

        その年の収穫時期です。

         

        果たして、その結果は、「こちら」から!!

         

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

         

        後日談 2

         

         

        令和元年 5月が来ました。

         

        庭植えレモンも鉢植えレモンも蕾が沢山付きました。

         

         

        昨年迄は、「生理的落果」に備え、

         

        「摘蕾摘花」はせず、「摘果」すると決めていました。

         

        しかしながら、5月3日で「摘蕾」を実施してみました。

         

        その時の様子が、「こちら」です!!

         

         

        今年、どれぐらいの果実を残すようにしてみるか?

         

        鉢植えレモンは、昨年8個の収穫でした。

         

        今年、昨年と比べ、然程大きくなったとは言えません。

         

        なので、少し増加の10個以上を目指したいと考え始めました。

         

         

        実を残し過ぎて、隔年結果となってしまってはいけませんが、

         

        やはり、「どれぐらいの果実を残せるのか?」という

         

        限界を知りたいという気持ちもあります。 ^^;

         

         

         

         

        一方で、庭植えレモンはどうするのか?

         

         

        「幼苗で一番成長する季節は秋ですが、これは根の成長を意味します。 5年以上の木は春でも秋でも成長に大差はありません。 1〜4年目くらいまでは秋の成長を促したいですね。 4年で成長。5年目から収穫。 これが最短のように思います。 家のみかんも今年初生りで20個。 来年が50個。 再来年が100個。 見えております。」

         

         

        「全く実の無いのも寂しく楽しみがありません。 小さな苗は1〜2個程度でしょうか。 地植えレモンは6年くらい待ったことがあります。 初生りで100個ほど収穫しました。

         

         

        色々なコメントを頂いております。

         

        平成27年5月に植えた庭植えレモンです。

         

        今年5年目に入ります。

         

         

        出来れば、今年は40個、来年は100個を目指したいものです

        *上記コメントを頂いた方の樹の大きさは知りませんが・・・

        *それ以前に、当家の樹が枯れずに頑張ってくれれば良いのですが・・・

         

         

         

         

         

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

         

         

         

         

        ほんの少しでも、

         

        面白いと思って頂ければ、

         

        下のバナー(コロ)を

         

        「ポチッ」と押して頂きますと、

         

        これからも、頑張れます!

         

         

        宜しくお願いします。 おじぎ の画像

         

         

         

         

         


        にほんブログ村

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2018.04.21 Saturday

        レモンの花が咲きました! 今年一番のレモンの花!

        0

          JUGEMテーマ:家庭

           

           

           


          レモンの花が咲きました!

           

            今年一番のレモンの花!


           

           

           

           

          さて、「暖かくなって」きたを通り越し、

           

          「暑くなって」きました。

           

           

           

          いろいろな果樹・野菜が育つ・・・

           

          というのを、通り越し、

           

          どんどん切っていかないと、

           

          ジャングルになるようになりました。

           

           

           

          そうすると、

           

          害虫・菌の喜ぶところ・・・ 

           

           

           

           

           

          という事で、

           

          ほうぼうを散髪して回りました。

           

           

           

          腰が痛い・・・

           

          と思いながら作業をしていますと、

           

          急に後ろから、向いのご主人さんがお声を

           

          かけてこられました。

           

           

           

          「korolemonさんのところは、陽当たりの

           

          加減か、木が良く育ちますね! 

           

          ハナミズキなんて、すごい花の数ですね!」

           

           

           

          当然、korolemonさんとは呼ばれてませんが・・・

           

           

           

           

           

          以前は、花付きが悪かったのです。

           

          夏にしっかりと水をやらないといけない。

           

           

          今は、大きくなり過ぎて、

           

          昨年は、沢山枝を落としました!

           

           

           

           

          その横で、

           

          私の大好きなモッコウバラが・・・

           

           

           

           

          そこで、ふとした発見。

           

          斑入りです。

           

          そのモッコウバラの近くに植えてある

           

          ギボウシ。

           

          よく見ると、3枚の葉が斑入り。

           

           

          ネットの画像をググルと、

           

          斑入りばっかりなのですが・・・ 

           

           

           

           

          今の今まで、自身の庭で斑入りを探すこと

           

          をしませんでした。

           

          他にも、あるのですが、

           

          何故、気が付かなかったのでしょう??

           

           

           

          その横で・・・

           

          又・・・

           

          菊がやられている・・・

           

           

           

           

          今年に入って、キクスイカミキリ・・・

           

          もう、5匹は駆除しました。

           

          板についてきました。

           

          次々、やって来るものです。 

           

           

           

           



          話がだいぶそれてしまいました。

           

          元に戻しましょう。

           

           

           

          4月19日(木)帰宅しますと、

           

          何やら、蕾に動きが・・・

           

           

           

           

          鉢植えレモンにできた蕾。

           

          1枚の花弁が開きかけています。

           

          もう咲くのでしょうか?

           

           

          翌日、4月20日(金)

           

           

           

           

          帰宅しますと、

           

          しっかりと咲いていました。

           

          しかも、雌蕊があります!

           

          不完全花ではありません。

           

           

           

           

          翌日、21日(土)

           

          明るくなったところで再度撮影して

           

          みました。

           

           

           

           

          鉢植えレモンは、開花が早いなぁと思って

           

          いますと、

           

           

          なんということでしょう!

           

          庭植レモンの蕾にも変化が・・・ マメマメン ビックリ !! の画像

           

           

           

           

          確かに開きかけています。 

           

           

          ちなみに、昨年はというと・・・

           

           

           

           

          4月28日に開き始め、

           

          5月10日に開花。(写真は11日)

           

          その3日以内に、

           

          全ての花が落ちるという現象が・・・

           

           

          その時の記事が「こちら」!

           

           

           

          100近くの蕾をつけましたが、

           

          雌蕊のない不完全花ばかりで、

           

          雌蕊があるのは6つ程度でした。

           

           

           

          1週間早く、

           

          蕾が開こうとしています!! 笑っ の画像

           

           

           

          今年は、どんな展開を見せてくれるので

           

          しょうか?

           

           

           

           

          ちなみに、本日最後にしておいた事。

           

          開花した、鉢植えレモンの花。

           

          その周りの蕾を摘蕾しました。

           

           

           

          本日開花した蕾の数、計3個。

           

          その周囲に付いている蕾を全部摘蕾。

           

           

           

           

          不完全花でないのが分かったので、

           

          同じ場所から生えた他の蕾は、切り取って

           

          みました。

           

          この花に栄養分を注ぐため!!

           

           

           

           

          生理的落果に備える為、

           

          摘花とするのではなく、

           

          摘果とすべく、

           

          ちゃんと実になるのを確認してから切り取ろうか?

           

          とも思ったのですが、

           

          如何せん、蕾が固まって出来ています。

           

          栄養の有効利用の為、周囲の蕾は取ってしまいました。

           

           

           

           

           

          昨年、収穫した実は4個。

           

          今年は、4個以上を目指します!! お星さま の画像

           

           

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・

           

          1週間後の庭植レモンの様子を記録した、

           

          「レモンの蕾と花 昨年と今年の咲き方が違う!」

           

          の記事は、「こちら」からっ!!

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

           

           

           

          ほんの少しでも、

           

          面白いと思って頂ければ、

           

          下のバナー(コロ)を

           

          「ポチッ」と押して頂きますと、

           

          これからも、頑張れます!

           

           

          宜しくお願いします。 おじぎ の画像

           

           

           

           

           


          にほんブログ村

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2017.10.28 Saturday

          黄色くなり始めたレモン!

          0

            JUGEMテーマ:家庭

             

             


             黄色くなり始めたレモン! 


             

             

            平成29年10月27日(金)

             

            朝、いつもの様に起き、

             

            先ずは、新聞を取りに行く。

             

             

            レモンに水をやって・・・

             

             

             

            んっ??

             

             

            黄色くなってきた??

             

             

             

             

            いつからだろう?

             

            全く気付かなかった。

             

            少しだけ、表面が乾いている感じがしてる?

             

             

             

             

            こちら側のレモンは、

             

            黄色くなりかけているが、

             

            表面はまだしっとりしている感じが。

             

             

             

            全体的に見た感じが、こちら。

             

             

             

             

            グリーンレモン、イエローレモン。

             

            熟す度合いによって、

             

            表面の色が変わります。

             

             

            色が変わると呼び名が変わる・・・

             

             

             

            グリーンレモンでも収穫できます。

             

            私が購入した箱買いレモンもグリーン

             

            レモン。

             

            「5團譽皀鵑届いた!!」をご覧下さい。

             

             

             

            まだ熟していない感じはしますが、

             

            イエローレモンに比べスパイシーな香りが

             

            すると言われます。

             

            酸味が強く、日持ちし、料理の香りづけに

             

            適しています。

             

             

             

            それに比べ、イエローレモンは、

             

            果皮が柔らかく、酸味がマイルドで、果汁が

             

            ジューシーであると言われています。

             

             

            緑色から、黄緑、黄色へと熟すごとに果皮の

             

            色も変化していきますが、

             

            それぞれの状態で風味が異なるようです。

             

             

             

            よくお聞きする「家庭で育てる魅力」という

             

            と、「一番美味しい最適の時期に収穫する事

             

            が出来る事」のようです。市販の果実や野菜

             

            は、消費者の口に入る迄に時間を要する関係

             

            上、そのほとんどが完熟する前に収穫し、追

             

            熟させたものです。柑橘類は、成熟とともに

             

            糖度が上昇して酸が減少します。樹になった

             

            まま完熟したものは、味も香りも全く別物

             

            あり、旬の時期に本物の美味しさを味わえる

             

            事になります。

             

             

             

            私も、「イエローレモン」になるまで待って

             

            みて、樹になったまま完熟したレモンを食し

             

            てみたいと思います。

             

             

            その横で育っている「柚子」も、

             

            色づき始めていました。

             

             

             

             

            柚子の収穫は、今年もできそうです!! 楽しい

             

             

             

            今年からは、

             

            どれぐらいの大きさの柚子が

             

            何個収穫できたのか?

             

            記録を残していきたいと思います!

             

             

             

            あまり大きく育てるスペースが無いので、

             

            都度枝を切り詰め、

             

            木全体は大きくしていませんが・・・

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            にほんブログ村

             

             

             

            お願いできそうであれば、

             

            ポンっとボタンを押して頂けると

             

            嬉しい限りです!

             

            日々の励みになります!!

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2017.08.20 Sunday

            鉢植えレモンの剪定 実を付けるために

            0

              JUGEMテーマ:家庭

               

               

              平成29年8月20日(日)



              8月18日(金)

              帰宅途中、思わず足を止めた。


              感動した・・・
              美しかった・・・


              というより、
              何だこれは、といった感じであった。


              写真では、かなり小さくなってしまっているが、

              かなりデカイ、
              オレンジ色の塊


              (実物を見たことはないが、)
              オーストラリアのエアーズロックが、
              金色に輝き、
              目の前に立ちはだかっている

               

               

               







              思わず写真を撮っていた。

              その横をご年配の奥様が歩いていた。
              不審者と思われたのか?
              こちらをチラチラ見ていた。


              うっすらとした雲の上に、
              大きな岩のような雲ができていた。

              「天空の城 ラピュタ」に出てきそうな雲であった。


              珍しかったので、ちょっと、ご紹介!! 大笑い 




              話しは変わるが、
              昨日、挿し木の処理等している時に、
              何気に気になった事がある。


              鉢植えレモンの木から「芽」が生えてきたのである。
              それ自体が気になった訳ではないのだが・・・



              あっ、ここからも新芽が出てきている。

              あっ、ここからも新芽が出てきている!!

              というぐらい、あちこちから新芽が出だしているのだが、




              どの新芽の横にも、「切り取られた後」があるのだ!

              どの芽の横にもあるので、「切り取られた後」の方が、
              気になりだした。

               

               


                        平成29年8月20日
               

               


              新芽が出てきた所を大きく写してみると・・・

               

               

               







              購入した時は、全く気にならなかったが・・・

              付いている実の横も・・・

               

               

               





              ここも、

               

               

               

               

               


              もう少し、拡大してみると・・・

               

               

               






              改めて、購入当初の写真を見てみた。

              そういう目線で写していないので、

              はっきりは分からないが・・・



              確かに、大苗である。

              地面(鉢を含む)からの高さ 約75僉
              鉢の土の上からの木の高さ 約60僉
              鉢の土の上から最初の枝までの距離 約15僉

              バランス良く、枝が生えている。

              そして、その先に、実が4つ。



              ただし、新しく伸びていっている枝はない!!


              察するに、
              新しい芽はつんで、
              枝の成長に栄養を取られないようにしているのでは??


              実を大きく育てるために・・・


              庭植えではなく、
              鉢植えにすれば、
              早々に、実が生ると思っていたが・・・

              鉢植えでも、
              枝を剪定して、
              「どこを育てようとしているのか?」
              明確にしていかないとならないのかもしれない・・・


              では、今年この実を収穫するには、
              この新芽も積まないといけないのか??


              ・・・


              思案の結果、

              このまま、放置してみる事にした。


              どうなるか、知るために。

              又、

              鉢植えとして育てる苗だが、
              もう少し大きくしょうようと思っているから・・・

              最終は、40〜70ℓの鉢を購入して・・・
              ぐらいに思っている。


              又、結果をご報告したいと思います。



              今日の最後に、
              7月購入時と
              現在の鉢植えレモンの状態を比較!!

               

               

               



                                                 平成29年7月25日

               

               





                              平成29年8月29日
               

               


              どうでしょう?

              少し、育ってきていると思いませんか? スマイル大笑い 




              最後までご覧頂き、本当にありがとうございました!!

              ほんの少しでも、お役に立てた部分はあったでしょうか?
              私の「なるほど!」をどんどんアップしていきたいと思います!

              ご意見など頂けると、もっと嬉しい限りです!

              下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
              大変お手数ですが、どうぞ宜しくお願い致します!!



              にほんブログ村"data-mce-href="
              にほんブログ村"">花・園芸ブログ




              にほんブログ村"data-mce-href="
              にほんブログ村"">果樹・野菜
                 

              2017.07.25 Tuesday

              キターーーーーーー!!

              0

                JUGEMテーマ:家庭

                 

                 

                平成29年7月25日(火)


                キターーーーーー!!


                7月25日 AM 11:00頃、到着したらしい。

                待ちに待った、新たなるレモンの苗木!!



                実は、2期生の花が2つ散ってしまっていた。
                あと、1つしか残っていない。
                木の一番上の方に咲いた花。

                 


                花は綺麗に、大きく咲いたものの、
                実は、心なしか、小さい気がする。

                 


                これも、すぐ落ちそうだ・・・

                 

                 

                 



                 


                やはり、まだ実をつけるには早いのか。。。
                と思っていたら、

                ゆずの実も落ちだしていた。

                 

                 


                                    平成29年7月25日現在

                 

                 


                実が落ちると、義母に、
                「肥料をあげ過ぎなのではないか?」
                と言われる。

                 


                そういえば、昨年、ゆずの収穫は出来たが・・・
                肥料をあげた記憶はない。
                なのに、4〜5個 実の収穫はできた

                 

                 


                今年になって、
                レモンの育て方を勉強し始め、
                所説を読む度、何かしらの気分になって、
                施肥したかもしれない・・・
                レモンにも、ゆずにも。

                 


                しかしながら、肥料やけでも、「実が落ちる」との記述は読んだ事はない思いでいるのだが・・・


                と、こんな状況にあったので・・・

                少し、不謹慎な気もするが、

                新たなる苗をおおいに待ち望んでいた!

                レモンの実の収穫を、今年実現する為に!


                届いた状態が、コチラ!!

                 

                 





                多きさが分かりやすいかと思い、ボールを置いてみた。

                箱を開けてみると、

                 

                 





                この様に、

                鉢は、袋でくるまれていて、
                木は、新聞で丁寧に巻かれていた。

                で、新聞紙をボール状態に丸めたもので箱と木の隙間を埋めていた。
                多少揺れても大丈夫なように、しっかりと梱包されていた。

                で、新聞紙を恐る恐る取ってみた。

                 

                 

                 





                やったーーー!!
                大苗だ!!


                心配の1つが、「棒苗だったら・・・」だった。

                <鉢植え用には大苗がお勧め>
                鉢植えの苗木としては、購入した鉢のままでも育てられ、初結実も早い大苗のほうが棒苗よりもお勧め。大苗を選ぶ際には、なるべく株元に近い部分からまんべんなく枝分かれしている苗木の方が、果実がなるスペースが増え、コンパクトに仕上げる事が出来る。



                近くのホームセンターや園芸店で探すと、

                たいがい売っているのが「棒苗」だ。

                うちの庭植えしているレモンもそうだった。


                そのサイズから枝葉を伸ばして鉢植え用にするとすると・・・

                枝の付いていない幹の部分が長くなるし・・・
                1〜2年程度かかりそうな気分になるし・・・
                そうとうでかくなる。
                (鉢植えなのに・・・)


                ちなみに「棒苗」で購入し、庭植えした現在の木は・・・

                 

                 

                 

                 




                か細く残った枝を除いて、ちゃんとした枝まで・・・
                地面からの距離、約60僉

                これが鉢植えだったと想像すると・・・
                鉢の土の上から60僂幹だけで・・・
                その上から枝葉が出てくる。
                なんとでかい、なんと不安定な。



                届いたレモンの木は、

                地面(鉢を含む)からの高さ 約75僉
                鉢の土の上からの木の高さ 約60僉
                鉢の土の上から最初の枝までの距離 約15僉

                うん、バランス良く、
                コンパクトに育てられそう!!


                それから・・・


                実が4個もついていた!!

                 

                 




                    上から写真を撮ってみた。


                又、鉢の上は水に濡れた新聞紙が敷き詰められていた。
                多少の移動で、水分不足にはなるまい。

                 

                 

                 






                で、その新聞をとった状態がコチラ。

                 

                 

                 






                どうでしょうか? 良いと思いませんか?

                嬉しくなり、思わずメールを送りました。

                「期待通りの苗木でした。ありがとうございました!!」
                 

                 




                【幸せレモンの木】実の赤ちゃん付きレモンの木 果樹苗 庭木 鉢苗 植木 苗木 苗 シンボルツリー 常緑 常緑樹 実のなる木 観葉植物 国産 ギフト ガーデニング【3年生苗/接ぎ木苗】【新築祝/記念樹/庭植え】【父の日ギフト】
                 

                 

                 


                又、週末以降でないと、なかなか出来ないが、

                もう少し大きな鉢を買ってきて、植え替えし、

                雨が当たらずに・・
                出来れば、日に3時間は日の当たる場所を作ってみよう。



                この4つの実は、

                必ず、

                収穫できますよう!!



                下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
                宜しくお願い致します!!




                にほんブログ村"data-mce-href="
                にほんブログ村"">花・園芸ブログ



                にほんブログ村"data-mce-href="
                にほんブログ村"">果樹・野菜
                 

                2017.07.21 Friday

                なかなか来ない、新たなる苗!

                0

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                   

                  平成29年7月22日(土)



                  7月15日(土)、レモンの苗木を購入した。
                  (と言っても、ネットで注文しただけ)

                   


                  新たなる苗木だ!


                  このブログでも紹介した、このレモン。



                  【幸せレモンの木】実の赤ちゃん付きレモンの木 果樹苗 庭木 鉢苗 植木 苗木 苗 シンボルツリー 常緑 常緑樹 実のなる木 観葉植物 国産 ギフト ガーデニング【3年生苗/接ぎ木苗】【新築祝/記念樹/庭植え】【父の日ギフト】


                  「新たなる蕾!!」でもご紹介した様に、

                   

                  鉢植え用の苗木だ。

                  「庭植え」と「鉢植え」の両方の経験をする為。


                  といいつつ・・・

                  実は、レモンの実が全部落ちてしまって・・・

                  今年の収穫は難しいと思って・・・

                  今から、又、1年間も待つのはすごく長く感じて・・・



                  実のなっている苗木を買えば・・・

                  今年の収穫を、又、楽しみに出来る!!

                  と思ったからでもある。



                  ネットで注文をした。

                  翌日配達「あす楽」というものを選択した。
                  文字通り、翌日配送だ。

                  注文した時は気付かなかった。
                  「翌日」とは土・日曜日を除くのだ。
                  受付日も、発送日も・・・


                  当初、日曜日には着くと思っていた。
                  が、着かなかった。

                  そうか、では19日(水)に着くのだ、と思った。
                  (月曜日が祝日なので)

                  だいぶ先になるなぁ・・・



                  そこへ、1通のメールが入った。

                  「集中豪雨で床下浸水・・・」
                  「皆で復旧作業中」
                  「待って頂けるか、キャンセルか?」との事。


                  「プレゼントではなく、自分用なので急ぎません。」
                  と返信メールを返したものの・・・

                  内心、悲しんだ。
                  いつになるのだろう?

                  もう、気持ちが新たなる苗のにいっている・・・


                  今のレモンの木に新たなる花が咲いたというのに!

                   

                   



                         7月15日現在

                   

                   


                  蕾は大きくなり、やがて、咲いた。

                   

                   

                   



                         7月18日現在

                   

                   


                  この角度からは少し分かりにくいが、雌しべもある!

                  実が付くはずだ!


                  もう少し分かりやすい写真がコチラ!

                   

                   

                   

                         7月19日現在

                   

                   


                  数日で実のあかちゃんがお目見えする。

                   

                   

                   

                         7月22日現在

                   

                   


                  ただ、悲しいかな・・・

                  この写真を撮影した際、近づき過ぎて・・・

                  隣の花に当たって・・・
                   

                   

                   

                  なんということでしょう・・・
                  もう1つの花が、落ちてしまった号泣
                   

                   


                  木の一番上から咲いた花とこの実で2季目は終わりの様子。

                   

                   

                   

                   

                                   7月22日現在

                   



                  何事も経験だ・・・

                  「写真を撮る時は近づき過ぎてはならない」を学んだ。



                  という状況のもと、22日、1通のメールが届いた。

                  「励ましのお言葉ありがとうございます。
                  連日復旧作業をしておりますが、暑さと泥の流れ込みがひどく、
                  かき出しに時間がかかってしまいました。
                  ・・・
                  月曜から順次発送をさせて頂きたいと思います。
                  発想予定日 7月24日(月)」


                  7月15日(土)に発注してから、1週間。
                  もっとも、15日以前に浸水していたはず・・・

                  よほどひどい状況だったのだろう。
                  大変な日々を過ごされたことと思う。
                  お察し申し上げます。
                  この私の1つの注文が少しでも役に立ってもらえたら・・・


                  そう言えば、最近異常気象の話しをよく聞くし、映像を見る。
                  アリゾナでは、車の中でクッキーが焼けたとか・・・
                  中国の7色の池も不思議な光景だった。
                  石垣島のサンゴもだいぶ死滅している様子・・・


                  大きなことにならなければ良いが。


                  私に出来ることは限られているが、
                  出来ることは、やっていこうと思う今日この頃。



                  取り敢えず、来週には「新たな仲間」をご紹介できそうです。

                  新たな楽しみが増えそうです!!

                  又、ご紹介させて下さい。スマイル


                  下の「花・園芸ブログ」「果樹・野菜」ボタンを押して頂くと励みになります!
                  宜しくお願い致します!!



                  にほんブログ村"data-mce-href="
                  にほんブログ村"">花・園芸ブログ



                  にほんブログ村"data-mce-href="
                  にほんブログ村"">果樹・野菜    

                   

                  Calendar
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << December 2019 >>
                  ご覧頂きありがとうございます。
                  @korolemon
                  スポンサーリンク
                  ランキングに参加しています。ポチっと宜しくお願いします!!
                  にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
                  にほんブログ村
                  スポンサーリンク
                  日本ブログ村ランキング
                  PVアクセスランキング にほんブログ村
                  Selected Entries
                  Categories
                  Archives
                  Recent Comment
                  Recommend
                  バースデー プレート
                  バースデー プレート (JUGEMレビュー »)

                  大切な人へ。

                  生涯残る、唯一の贈り物。
                  Links
                  Profile
                  Search this site.
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM